Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
ヨーロッパ通信.5 Iceland
Reykjavik, Iceland vol.5

さて、今回はお待ちかね、BLUE LAGOON(ブルーラグーン)のご紹介です!!!!

北欧とグリーンランドの間、北極圏のすぐ下にある氷と火の国、アイスランド。地球の胎内から大地が生まれ出てくる海嶺帯の真上に位置するだけに活動中の火山の数も多く、知る人ぞ知る温泉大国を形成している。温泉好きの日本人から見ても度肝を抜かすような広大かつワイルド、それでいて本格的な温泉も多いのです。
その中でも特に有名なのが、そう、発電用にわき出した温泉を使って広大な温泉の湖を作ってしまったというブルーラグーン。


さて、場所的にはどちらかというと空港に近い方向。つまりホテルがあるレイキャビックからは50分近くかかります。
今回はホテルに送迎のバスを頼み、運賃と入浴料合わせて35クローナでした。
ホテルまで朝来てくれるのでとても楽チンです♪またアイスランドは英語が通じるからね、精神的に楽でしたよ。

朝、9:30ごろ出発し、10:00過ぎには到着!

このブルーラグーン、効能もあるばりばりのれっきとした温泉ですが、厳密にいうと天然湧出の自然温泉ではありません。隣にある地熱発電所が発電するためにくみ上げた温泉水(セ氏100度を超す、相当の熱湯らしい)の、いわば使用済み水を利用して広大な湖を温泉にしてしまったのです。アイスランドでは、国内で利用する電気の大部分を地熱でまかなっているんです。地熱以外は水力であり、きわめて環境負荷の低い国なの。・・・だから豊かさ2位なのかもしれませんね。

みてください、この美しい色!まさにブルーラグーンですよね〜!
とにかくとにかく広いこの温泉湖、もちろん全体像を見れるわけでもなく…だからこそ、あんなに入浴客が多くても全く混雑を感じないんでしょうね。
匂いは完璧な硫黄臭。ちなみにレイキャビックのホテルのシャワーも全てこの硫黄臭がしました。4日間の滞在でお肌ツルツルになったかも♪

泥パックもあるんですよ!

温泉の底の白っぽい砂利を顔に塗ると効果覿面…らしく、みんなこぞって面白い顔になっている!もちろん足元から救い上げるのではなく(ま、それでもいいと思うけど)顔用のの泥パックがバケツに入れて用意されています。それを手ですくって顔や肌などに塗ってみてください。するとまぁ、不思議!本当にすべすべになりますから!でもね、あまりやりすぎるとヒリヒリしてくるみたい。ほどほどが一番です(笑)

一つ注意していただきたいのが、日本のスパのように出入り自由ではありません。
この自動改札のようなところ一度出てしまったらもう二度と入れないと理解してください。

お腹が空いたらどうするかって?ご安心を。温泉湖の出入り口に簡易なバーがあり、そこでは軽食がいただけます。
メニューもないので、なんだ〜?と思うんですが、逆に言うと表のレストランの軽食も同じものなので、のぼせたら利用した方がいいですよ。
表の出入り口にはブルーラグーンブランドの化粧品や温泉の素なども売っていますからお土産にはいいかもしれませんね。でも案外高いです!

日長一日、のんびりと最北の地で温泉に入り、岩場に頭を乗せてただただ大空をみたあの光景…一生忘れないでしょう。


BLUE LAGOON HP

posted by: ST | ICELAND | 22:59 | comments(1) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:59 | - | - |-
なんと凄い温泉なんでしょう!!
効果そのものより、その大きさを楽しむので十分って感じですね。
一度行ってみたいワァ。
| ♪みゅ〜♪ | 2006/11/30 2:41 AM |









この記事のトラックバックURL
http://stnyc.jugem.jp/trackback/67
トラックバック