Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
NY'10 舞台色々 古典の力
次の観劇は「La Bete」
フランス17世紀ごろのお芝居です。
見事なまでのセリフ劇!!!
溢れる英語の波に飲み込まれながらも、しっかり笑わせてもらいました。

とにかく主演の2人がすごいっ!
特に大道芸人を演じたMark Rylance(マーク・ライランス)は・・・ありゃ・・・なに?!って感じです。
下品極まることを、大胆におかしく、そして人間味溢れ自由自在に・・・!!!
日本でこの作品をやるとしても、この役ができる役者がいないんじゃないでしょうか。
いえいえ、できる俳優さんたくさんいらっしゃると思います。でも、なんだろ。
血となり肉となってるあの存在感

そして、それを支えるDavid Hyde Pierce(デイヴィット・ハイド・ピアース)のリアクション。
笑いはリアクションがあってのものだと改めて感じました。



2年前の舞台の時、稽古場で演出家の栗山民也さんが
「ナチュラルではなくリアルであれ」
と徹底的に繰り返していたのを、思い出します。
正にこの芝居は、”リアル”なやり取りが繰り広げられていました。

イギリスのベテラン女優、Joanna Lumley(ジョアンナ・ラムレイ)を含め大俳優3名の芝居を堪能させていただきました。

そしてそして私が注目したのはGreta Lee(グレタ・リー)。
やっぱりアジア人の女優さんが出ていると目が行っちゃいますね。
ほとんどセリフはないのですが、とても重要なポジションを任されていました。どっかで見たことあると思ってたら、スペリングビーだったんですね。
表情がとても素敵でした。今後の活躍に期待しちゃいます。

posted by: ST | NY performance & art | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:36 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://stnyc.jugem.jp/trackback/172
トラックバック