Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
ヨーロッパ通信part2. NO.30 Italy
SORRENTO

ソレントは有名な民謡「帰れソレント」という歌でも有名なように、ナポリを思う人たちでいっぱい!
アマルフィ海岸への出発地点でもありますが、カプリ島への行き帰りにも使います。

カプリ島からソレントに戻り、せっかくなので、街を探索。
この町は結構危ないことも多いので、持ちモノには気をつけてくださいね。

でもかなり大きな町だね!このごろ小さな町しか見ていない私はソレントの人の多さに驚きました。


この地方の有名なお酒はレモンチェロ!
本当にどこでもあります。自家製レモンチェロを作っているお店もあり、香りも容れ物も可愛いのでお土産にぴったり!
お酒が苦手な私にも飲めますが、でも、かなり強いよ〜。口当たりはいいけどご注意を♪


ソレントの街中にある立派なドゥオーモ。
私たちが入って有名な寄木細工を見ていたら・・・音楽が鳴り始めて・・・黒い服の人々が入ってきました。
実はこの日は数日前に亡くなった老婦人のお葬式が行われる日だったのです。
結婚式同様、ここではお葬式もだれでも参列できるもの。だからオープンにしてあるんだけど・・・旦那さまであろうご老人の涙には胸が締め付けられてしまいました。
こうやってここで生きている人たちがいる・・・生活の一端を垣間見た気がしました。

さてこの日の宿はポジターノ。
節約してソレントからバスで帰ることにしました。
まずはバスの位置を確認。バスは電車の駅のすぐ前から出発します。
でもね、チケットを買うところが不思議なのよ〜、近所のカフェなの。
これがまた分からなくって・・・かなり迷いました。
オジサンたちイタリア語しか話してくれないしね(笑)でも何とか手振り身振りと英語で理解でき(さすがラテン語つながり!)、近くの地元民がたむろす古ぼけたカフェでバスのチケットを買いました。
またこれがローカルっぽくておもしろかったけどね!
このバスでアマルフィ、ポジターノなどいろいろな町に行けるので、ご利用ください!

posted by: ST | FRANCE | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:03 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://stnyc.jugem.jp/trackback/121
トラックバック