Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
大連 スイス?スイッシュ。
 今回の宿泊は
「大連瑞詩酒店」

外資系のスイスホテルから中華系のスイッシュホテルへ変わったようです。

朝食バイキングが盛り沢山♪
気持ちのよい滞在でした。

posted by: ST | CHINA | 09:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-
大連 京劇。
 町の劇団が行っている公演へ。


何よりもすごかったのは地元の人たちがすごく楽しそうに観ていたこと。
ブロードウェイトは全然違うけど、新鮮な感動。
posted by: ST | CHINA | 01:59 | comments(0) | trackbacks(0) |-
大連 お茶お茶お茶。
市場内のお茶屋さんにいきました〜。

いろんなお茶がところ狭しと…。

金玛茶城」

ここ、お店のご主人が最高にシャイで素敵。

気持ちのいいお店でした。
posted by: ST | CHINA | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) |-
大連 サービスいっぱい!
大連、食の3件目は…
冬の大連定番のキノコ鍋!

「何鮮菇」

しかもここはすごい。
待っている間に、無料でネイルまでしてくれる!

もちろん鍋も最高においしい♪
スタッフも感じいい♪


お薦めです!

posted by: ST | CHINA | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) |-
大連 お気に入りの味。
 春餅を食べに連れて行ってもらいました。

やば…。このためだけに大連にまた行きたいくらい。

大地春餅店」
もちもち!もちもち!もっちもち!
メニューたくさん!
あー、東京に来ないかな。
posted by: ST | CHINA | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |-
大連 炎の辛さ。
 お次は火鍋。

皇城老马
冬の大連はお鍋が豊富。
ここは超人気店!なかなか予約は取れないけど、直接行けば入れる可能性大。
…なぜ?
ま、とにかく行ってみるべし!


辛い。熱い。美味い!
posted by: ST | CHINA | 12:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-
大連 おやつ
 今度は中国、大連へ!

大連と言えば…レポートは食、食、食!!!

てなことで、まず、おやつにいただいた小龍包。

不二心
豚肉の小籠包15元と、蟹の小籠包50元。
やばい。美味しすぎる!
いつも行列ができる地元人気店です。



posted by: ST | CHINA | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-
大連 豪華なランチ

えー。昼間から!というほど、最終日は豪華なランチでした。

まず、このナプキンに笑ったけど(笑)



あとは、美味しそうなお料理がずら===っと。



でも・・・
一番お腹にスーッと入ったのは・・・




水餃子と花巻だったかも(笑)
連日続くと、こういったシンプルなものがいいのね。やっぱ!

posted by: ST | CHINA | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) |-
大連 活気の波

さて、町の中心地に行ってみると・・・

若者たちでいっぱい!

やはり、いつの時代もどこの国も若者は元気じゃなくっちゃね。



平日なのに、たくさんの人がいました。


なんかごちゃごちゃしている地下の通路に行くと・・・何だろうと思ったらこれ、刺青ですよね?
本格的だはないんだろうけど・・・単なるペイントかな。


このあと、マッサージに行き、とても心地よい夜を過ごしました。
うーん。満喫!

あ。お仕事はきちんとこなしましたよ〜〜〜。

posted by: ST | CHINA | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0) |-
大連 子供たち。

さて、労働公園に行ってみると・・・

人でいっぱい!


やっぱり子供たちは、可愛いですね!






おもちゃから目が離せない中国の子供たちでした。

posted by: ST | CHINA | 01:05 | comments(0) | trackbacks(0) |-